シダ

シダ






たくさん光はいらない


たまに浴びるほどでいい


しっとりとした陰の中


じわじわ葉を広げたい


役に立つとか立たないとか


そんなことはどうでもいい


生まれてみたらシダだった


気がついてみればシダだった


それなら美しい葉をつけたい


すらりと先をとがらせたい


もさもさ生い繁らせてみたい


緑の雲を湧かせてみたい


だってわたしはシダだもの


日の当たらないシダだもの







2014.6.23

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入