古本屋

古本屋






これまでの人生を


振り返る必要はない


古本屋のおやじは


顔をあげずに答える


黄ばんだ色をして


本たちは佇んでいる


おやじと同じように


素っ気ない態度でいる




人生は淡々と進む


昨日のことはすでに過去


いつか読んだページには


黄色い染みがついている


振り返る必要など


いったいどこにあるだろう


おやじが本をとじると


表紙にまた手垢がついた









2014.4.12

詩集『ふじちょう』をamazonで購入