火の海

火の海






四方八方から



火が迫りくる



轟音は悲鳴をも



掻き消す海となる




あなたを守るのは



自分しかいない




火の海でしか



気づけないなんて



どうかどうか



許して下さい



そして火の海よ



尊い熱さよ



決して決して



忘れはしまい





0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入