ジャンプ台

ジャンプ台






まただ



また止まってしまう



あと少し



あと少しのところで



踏み切れない



踏み切れない



神様はなぜ



僕に翼ではなく



臆病な心を



授けたのだろう



隣の人は



軽やかに飛ぶ



僕にだって



できるはずなんだ



よおし



よおし



もう一度







0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入