パトカー

パトカー





車内にはうっすら



煙草のにおいが混じり



ガガガッヅーっと



交信の音が聞こえ



両脇の男どもは



窮屈さに顔をしかめ



助手席の男はずっと



運転手と談笑し



窓の外を見れば



見慣れぬ街が流れ



ガードの下をくぐると



ふいに闇に包まれ



もう明るい所には



帰ってこれないのだと



突如膝が震え出し



両脇の男どもは



ますます顔をしかめ



あああ○○子



あああ○○子



ごめんよ



ごめんよ






0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入