光のゆくえ

光のゆくえ







ぴかぴかぴかぴか光るんだ



止め方がわからないんだ



やめてくれって手で押さえたら



指のすき間からもれるんだ



ぼくの悲鳴が電気になって



ぴかぴかぴかぴか止まらない




灯台になってやる



どんなに天気が悪くても



光を遠くまで突き通し



目に雨が入る者も導く



止め方がわからないもの



ぴかぴかぴかぴかそうしよう







0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入