雲塊(うんかい)

雲塊(うんかい)







雲の塊が飛んでゆく



いちどきに湧いたような雲の塊




台風が来るのだ




ひとは為すすべもなく受け入れる



そして雲の塊を見送っている



やがて塊は大渋滞を起こして



どこまでも犇(ひし)めき合うことだろう



暗く暗くどこまでも暗く



大雨をたっぷりと孕(はら)ませている




台風が過ぎれば




雲の塊はどこへゆく



わだかまる心のような雲の塊








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入