飛べ

飛べ







崖縁(がけぶ)ちに立って



両の目をとじた



誰か背中を押してくれよ



だけど誰も押してくれない



トンビが空で



ヒュルルと啼く



自分の意思で



飛べないカモメ



開くかどうかも



わからぬ翼



あとの頼りは



風だけなのか



逆巻く風を



待つだけなのか






0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入