タイムアウト

タイムアウト







命尽きる渡り鳥の



最期はどんななのだろう



羽根休むときだろうか



それともあぁ雲の中か



終わりゆくそのひと声を



カセットテープにでも録って



伸びて切れてしまうまで



仲間に聞かせてやりたい



だけどそんなことはタブー



未練は彼らを飛べなくする



彼らはゆかねばならない



北へ北へあるいは南へ



ぼくらもそれぞれ別の空を



きっと目指してしまったんだ



命削る渡り鳥の



無情な宿命のように







0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入