ちぎれた詩

ちぎれた詩








わたしはもう



生きてゆけない



なぜと問うのか



わたしに言わすか



屈辱に満ちた



わたしの
















なんて   しい



こんなにも美しい



喜びに溢れ



あすが待ち遠しく



これがそうなのか



希望というものか









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入