赤い芯

赤い芯







雑木林の中に



一本の赤松がある



その周りはなぜか



木が生えていない



赤いロウソクの芯が



立っているかのようだ



雪なのか風なのか



幹は少しうねりつつ



今はまだ薄い火も



陽の勢いの増すたびに



濃緑の炎を上げて



また揺らめくのだろう








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入