永遠の花

永遠の花







永遠に咲く花を



わたしは信じない



ほのかな香りとともに



美しい花弁をひらいて



枯れることもなく



ちぎられることもなく



いつまでも変わらずに



手の中にあるというのは



何か言いようのない



おそろしさを思うのだ



やがて当たり前になり



見向きもしなくなるのかと



わたしの心を思うとき



おそろしさを思うのだ








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入