歴史ほゆる町

歴史ほゆる町







初めて見た敦賀の



海はもう夜だった



入江の奥の町は



すでに火が点(とも)っている



防波堤は黙々と



波の音を消している



釣り人は相変わらず



闇に竿を立てている



そうして何艘もの船を



見送りまた迎えている



この町をつくった船は



旅人を酔わそうとする








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入