心蝕

心蝕







あなたのことを



いつも塞(ふさ)いでいた



それはわたしの



心の陰だった



夜じゅうの夜を



集めたような陰



闇じゅうの闇を



吸ったような陰



それでもあなたは



光を溢(あふ)れさせ



だからこそ陰が



陰であるとわかる



わたしは報いたい



待ってくれるだろうか



宇宙が回る限り



いつか心蝕(しんしょく)は去る



光は解放され



朝がやって来るのだ








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入