ジャズピアノ

ジャズピアノ







小人(こびと)が鍵盤の上で



何人も跳ね回っている



次から次へと現れ



ついに鍵盤から溢れた



小人はステージを駆け下り



客席へと転がり出す



ある者は客の耳で囁き



ある者は膝の上で踊った



ステージが終わってもなお



小人はすぐに消えなかった



しばらく胸ポケットにいたり



本当にずっと胸に入ったりした



それぐらい今日の演奏は



すばらしいものだった




この小人のような言葉を



ぼくは書きたいと願う








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入