小指の熱

小指の熱







自分の小指を



男は食いちぎった




自分の残虐性を



男は確かめたかった




自分のことを知って



男はやっと安堵した




自分に残虐性がある



人にも残虐性がある




小指が急に熱くなり



男は悲鳴をあげた




法廷が思い出されて



男はゆっくり息を吐いた









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入