波音を踏んで

波音を踏んで







すべて終わるのは



何時(いつ)になるだろう



すべて消えるのは



何時になるだろう



諦めた夢



泣き棄てた恋



風の向くまま



雨の打つまま



刷り込まれた記憶



下の呼び名は遠く



目指していた海



ひとり踏んだ波音









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入