コロナビール

コロナビール







瓶の中に落ちたライム



数えきれない星を吐く



ライトゴールドがきらきら光り



ライムはうっとり実を沈める



穏やかな波はやがて去り



冬枯れのような冷たい空



果肉をボロボロ失って



ライムはくたりと横たわる



頑丈な腕が伸びてきて



瓶は宙へ連れ去られた



身動きひとつしないライム



これからのことを考えてみた








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入