鏡に舞う

鏡に舞う







一杯の珈琲を



惜しむ者あれば



一億の杯(さかずき)を



濡らす者もある




生れ落ちた



環境のせいか



能面をつけた



政府のせいか




問い糾(ただ)せば



塵々に舞って



掴み損ねるうち



月日は風の中




皆々舞台に乗り



思うままに踏め



鏡に映る者よ



その姿こそ真実








 

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入