川のほとりの土鍋

川のほとりの土鍋







ぼくらが信じていたものは



いったいなんだったのでしょう



黒い背広に身を包み



びかびか眩しいテレビ画面



赤い大きな花数え



万歳三唱一二三



臭い川のほとりでは



腐った土鍋の大宴会



スーパー戦隊求む声



出るわ出るわの大放出



頭抱えてディレクター



汗に浸みた札(さつ)を出し



黒い背広の奴(やっこ)ども



戦隊たちに包囲され



まあまあ話せばわかるよと



腐った土鍋をまた囲む









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入