上(うえ)の音

上(うえ)の音







小さなトンネルを



いくつもつくって



何度も何度も



くぐり抜けた



抜け出るたびに



光は屈折し



目の中へぶつかって



また出ていった



上ではいつも



まな板の音と



煮え立つ音が



いい匂いを運ぶ



そら今日もまた



いつもと同じだ



安心というのは



こういうことかな









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入