ひとつぶの火の粉

ひとつぶの火の粉







人間は大昔から



獣に追われていたから



完璧な安心を得ても



しばらく時間が経つと



不安が芽生え始め



落ち着かなくなってしまう



だから少しくらいは



火の粉がかかる方が



立ち向かっていられるだけ



気持ちを保てるのだ



ひとつくらい火の粉を



握りしめておくのだ









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入