黒い雪だるま

黒い雪だるま







大事な日の雨模様を恨み



約束に遅れたか弱き人を恨み



紙切れで身を包む社会制度を恨み



頭上から見下げ鳴く黒い鳥を恨み



雪だるまのように恨みは



大きくなって積み重なって



小枝の手をふりながら



バケツの帽子で笑ってる



春になればきっと



解けて消えるさと



春を知らない心で



君を傷つけていたね



どうか僕に



四季を教えて



雪だるまを解かす



春を教えて









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入