旗手

旗手







旗を掲げることが



かれの仕事である



たとえ風が強くとも



たとえ腕が痺れても



旗を降ろしてしまえば



かれは旗手でなくなる



そのことをよく知るのは



かれ自身なのである










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入