千曲川の遠景

千曲川の遠景







千曲川を遠くから見た



霞んでいるのは誰のせいか



小諸城址には人また人



砂埃が時代を駆け舞う



水流は常に谷を削る



霞みはそれを慎ましく隠す



わたしは何を隠しているのか



それともわたしが隠されているのか



四季は巡り続けている



今日の日をまた境にして










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入