身だしなみ

身だしなみ







おんながひとり



コーヒーも飲まず



カフェの隅にいて



顔をつくっている



新しい出会いが



まだ見ぬ光りの



影に隠れて



手まねきしている



おんなはようやく



身だしなみを終え



兵士のようにきりと



立ち去っていった









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入