校門

校門







出会いと別れ



その境目にいて



記念撮影のとき



隣りに寄り添う



普段のときには



気にもとまらず



それなのに記憶は



なぜか新しい



きっと常日頃



網膜の片隅で



記憶のスケッチを



していたのだろう








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入