紀勢線の窓

紀勢線の窓






列車の窓には


海が映っている


ブルーの光で


こころが晴れ渡る


どうしてあなたを


思い出したのか


人のこころなんて


弱っちいものだ


この列車もいつか


終着駅に着く


それまでの間は


優しく寄り添って










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入