遠くの声

遠くの声






この頃ふと気がつくと


俯いて歩いている


遠い場所を見ることを


忘れてしまったかのようだ


時々あなたに似た声が


どこからか聞こえてくる


はっと顔を上げてみても


知らない人がすれ違う


世の中はどこまでも


広がっているはずだから


顔を上げて歩かなきゃ


先へ進んで行けないよ


さっき聞こえてきた声は


あなたの声に違いない


離れてゆくその背中に


振り向いてと願っている










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入