見つめる先に

見つめる先に






子どもらは無言で


抵抗を繰り返す


力もまだないから


言葉も拙いから


大ケガをしてみたり


病気にかかってみたり


それを大人たちは


何にも知らずに


叱ることが正義だと


思うことさえしない


子どもらは無言で


見つめる先がある


楽しそうにしている


隣の家族のことを











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入