海から陸へ

海から陸へ






人は同じ過ちを


どうしてこうも繰り返す


今度こそはとその時は


固く心に決めるのに


人の性(さが)は変えられぬ


天から誰かの声がする


悔しさに拳握りしめ


何度も自分の膝たたく


性を変えられないのなら


慣わしをきっと変えてやる


小さな小さな慣わしの


積み重ねをして変えてやる











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入