一軒の店

一軒の店






広い田んぼの真ん中に


一軒お店があったとさ


お菓子やなんかが置いてあり


中は小奇麗だったとさ


いったい誰がそんな店


わざわざ行こうというのだろう


暑い日には日陰なく


風の日には吹き曝し


それでも買い客途絶えずに


そこだけわいわい賑やかで


その多くの買い客は


店の主人に会いにいく


人は人がいる場所に


行こうと思うものなのか


会いたくなる人の元


足が向くというものか











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入