猛火

猛火






火を消そうとした者が


火に巻かれて倒れてく


悲しいことは多々あれど


罪なき者の目は悲し




火は何をも考えず


火はただ燃え盛るのみ


ほとぼり冷めることでしか


先へ進めぬこともあり











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入