金ののべ棒

金ののべ棒






金ののべ棒を握り


海の底へ沈みゆく


手を離しさえすれば


浮かび上がれようものを


それでも握ったままなのは


執着と言うものなのか


命も危ういのであれば


執念と言えばいいものか


息が続かなくなったとき


そのときこそが分かれ道


あっさりと手を離すのか


それでもまだ握るのか


金ののべ棒は我々に


重い課題を背負わせる


幸福をもたらしてもくれ


辛苦をもたらすこともある












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入