文明の影

文明の影






文明が発展するほど


人は野生に返るのか


テリトリーを守るために


我が獲物を守るために


他者のことなど顧(かえりみ)ず


やりたいように振る舞って


その姿はまるであの


里山に降りた親子猪(しし)


こうして人は野生と化し


なにがなんでも生き残り


そう思うほどに行き斃れ


その姿は消えてゆく


人はどうあるべきなのか


何が人を救うのか


文明とは何なのか


人がいま問われてる











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入