壊れたてんびん

壊れたてんびん






爆弾をかかえて


少女ははしる


老いた男が


遠くでわらう


薬にはないこの


苦さはなんだ


思わず顔を


しかめる苦さ


人の世の中は


てんびんのようだ


誰かが泣いたら


誰かがわらう


てんびんなんぞ


蹴倒してしまえ


もしも何かを


変えたいのなら













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入