小さな冒険

小さな冒険






エスカレーターじゃなく


階段をかけ上がる


おとなの手を離れて


自分の足だけでゆく


たったすぐそこまでの


小さな小さな冒険


なんだか秘密めいて


どきどきが高鳴る


岩を登るような


壁を越えるような


見上げればもう


ひるむかもしれない


だからがむしゃらに


野生にもどって


一段また一段


はしゃぎながらゆく










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入