崖の道

崖の道






カモシカが一頭


崖を昇ってゆく


彼にとってそれは


普通の道と同じ


一歩踏み外せば


生命はないのに


遺伝子は否応なく


彼を崖へと導く


果たしてそのことを


うらやんでいいのか


気負うこともなく


空へと昇ってゆく


その姿を眺めて


崖に手をかけても


この体はやっぱり


昇るには向かない









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入