尺取り虫

尺取り虫






青竹の藪の中


ある一本に取りすがる


てっぺんはまあだまだ


雲の上にあるようだ


北からは突風が


時おりびゅうと吹き過ぎる


しっかりとしがみつき


悪魔が去るのを待っている


似たような出来事が


あなたがたにもあるだろう


なんのためしがみつき


耐え抜こうとしているか


てっぺんがどこかさえ


分からないのに登るのか


このまんましゃくしゃくと


進むことが正なのか


なあだれか教えてよ


このてっぺんには何がある?









詩集『ふじちょう』をamazonで購入