くどいほどに幸せを

くどいほどに幸せを






ああどうかどうか


幸せになりますように


ぼくのまわりの人が


幸せになりますように


そのためにぼくは


幸せなふりをする


ぼくのまわりの人が


それで幸せになるなら


心配はいらないよ


それでぼくも幸せだ


なにせまわりの人が


幸せなものだから


きっと知らず知らず


幸せに染まっていた


ぼくもいつしか本当に


幸せになっていたよ







2015.2.20

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入