白い幻想

白い幻想






昨日見た雲


二ツの小さな


寄り添った雲


いまはどこにいる


海の上か


もうあめりかか


大きな雲に


身を寄せたか


北からの風に


ちりぢりになったか


願わくば


どこか広い野原の


一本だけある木の


梢にひっかかって


偶然ぼくが


通りかかるまで


そこにいてほしい







2014.11.13

詩集『ふじちょう』をamazonで購入