氷解

氷解






心の中に浮かんでいる


氷のカケラが揺れている


大きいものから小さいものまで


傾くたびにがつごつ鳴る


子どもの頃は氷など


ひとつも浮かんでいなかった


きっと熱がなくなって


心が冷やされたのだろう




逃れられない束縛と


後ろ向きなこの気持ち


まとめて燃やしてしまえたら


熱くなってゆくだろうか


立ち向かうことの情熱が


火をつけることになるのなら


子どもの頃の無邪気さが


心の氷を解かすだろう






2014.11.2

詩集『ふじちょう』をamazonで購入