海吼

海吼(かいこう)






アザラシが氷の上で


ウミガメが砂の上で


アホウドリが岩の上で


うみねこが波の上で


灰色の空へ


視線をやりながら


海が裂けるほどに


ないた ないた


その声はまさに


海そのものだ


黒くなった海は


ないた ないた








2014.10.12

詩集『ふじちょう』をamazonで購入