無影灯

無影灯






ぼくを照らすのは


陰のない光り


隈(くま)なく容赦なく


ぼくは曝(さら)される


望んでいたのは


こういうことなのか


たしかに光りを


光りを望んでいた


そしてそれは叶い


悦するはずなのに


いままったく逆の


陰を求めている


陰のある光り


光りのある陰


ぼくは手をかざし


夏空の下に出た







2014.8.12

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入