ただの猿

ただの猿






ただの猿が


生きぬけるほど


甘くはない


手足を使い


尻尾を使い


頭を使い


仲間に気を遣い


家族に気を遣い


外敵に気を遣い


最善を尽くし


食糧を確保し


からだを休める


どうすれば


生きぬけるか


描きながら







2014.8.5

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入