東京の草原

東京の草原






見渡す限りの草原は


東京にはもうどこにもない


ぼくたちは心のどこかで


いつも草原を欲している


どこまで走ってみても


果てしなく続く大地


足がもつれて転んでも


受けとめてくれる草花


仰向けになれば空に


混線した電柱と電線?


温度調整の回転板から


吹いて出る高温の風


煤(すす)で色褪せた建物


ごつごつとした固い地面


じわじわと痛む体


あぁそうかここは東京か







2014.8.4

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入