とらわれの糸

とらわれの糸






深い川の淵に


大きな魚の影


目を血走らせて


釣り糸を垂れる


そんなときに限って


雑魚一匹掛からない


想念が糸を伝って


魚を寄せないのか


そしてますますあせって


糸はますます乱れる


あぁあもうやあめた


あぁあもうあきらめた


とらわれた心を


解放させたとき


ついに垂れた糸は


水中に引き込まれた








2014.8.6

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入