朝のBGM

朝のBGM






いつもの席に


座るあのひと


ノートを拡げ


何にも書かず


ぼんやりしつつ


考えるふう


そうかと思えば


突然イナズマ


右手の指から


走り出すペン


きっとあのひとは


詩人に違いない


この乾燥した


空虚な世界で


泉を掘ろうと


詩人は躍起だ


おっとそろそろ


行かなくっちゃ







2014.7.30

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入