目利き

目利き





足手まといになりたいと


誰が願うことでしょう


それゆえ必死に食らいつき


寝る間も惜しんでいるのです


それでもだめだとわかったら


自ら手足を切るでしょう


足手まといになるならば


もはやそれしかないでしょう


それもわからぬ目の利きで


よくぞ人の上に立ちなさる


目と芋蔓にそのこころ


引っぱり出して滌(すす)ぎましょう






2014.6.21

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入