春の雪

春の雪






誰にも言えないことばかり


綿雪のように積もってゆく


それはそれは静かに


しんしんとした動きだ


やがて全身を覆うほどに


降り積もってしまったなら


身動きの取れないぼくは


どうなってしまうのだろう




あぁ綿雪を解かすほどの


温度がどうしても必要だ


どれだけ天から降ったとて


積もることのない春の大地


決して揺らぐことのない


大いなる自然の温もり







2014.4.20

詩集『ふじちょう』をamazonで購入